パラレロニズムとは、

2011年に主宰・小柳馨らによって旗揚げされた

一癖も二癖もない俳優たちによる演劇ユニットである。

東京の小劇場を中心に舞台公演を行っている。

 

ユニット名となっている『パラレロニズム』とは、

「今生きているこの世界”ではない”別の世界・別の時間軸があったとしたら、

僕たちはもっと輝いていたし、もっと成功していたし、

もっと世界に貢献していた”はず”」

という前向きながらも悲観に満ちたフレーズを基に、

『パラレル』と『ヒロイズム』をそれっぽく無理矢理くっつけた、処理の甘い造語である。

 

主宰・小柳馨の口からは

『演技をするな』

『芝居をするな』

という格言が日々発せられ、
俳優なのに演技や芝居をしてはいけないという

牢獄にも似た楔を打ち込まれたユニットメンバーは、

慌てふためき、困惑し、乱心し、終いには主宰・小柳馨に怒号を浴びせるという

一風変わったルーティンを体現している。

 

そんな心身ともに結託したメンバーによるコメディ主体の芝居を一目観ると、

劇場に足を運んだ観客は気持ちばかりの笑いに見舞われ、軽い足取りで劇場を去る。